身近に役立つ情報満載の総合ポータルサイトです。

通学や通勤で小回りもきいて50ccバイクより制約がなく経済性にもすぐれるのが原付二種バイクです。
バイクをクラス別に分けると原付一種が50CC以下、原付二種が51CC~125CC、軽二輪が126CCから250CC、小型二輪が251CC以上となります。
私も実際にホンダのグロムに乗っていますが、買うにあたり原付二種のメリットを調べましたので、参考にしていただければと思います。

原付二種のメリットとは
1.自賠責保険と税金が安いこと
原付二種は重量税は必要なし、軽自動車税も51~90ccが1200円/年、91~125ccが1600円、自賠責保険は125cc以下は変わらないので原付と同じだということ。

2.法定最高速度が60km/hだということ
これが個人的には最大のメリットです。
原付が30km/hなので倍の速度で走ることができるわけです。1ccの違いでこれは大きなメリットですね。

3.二段階右折をしなくてもいい
原付1種は片側3車線ある交差点では自転車同様二段階右折をしなければならないが原付2種はその必要がなく、クルマと同じようにそのまま曲がることができます。

4.二人乗りができる
乗車定員が2名でステップなどの乗車装置付であること、運転者の二輪免許を受けていた期間が1年以上であれば二人乗りができます。いざというときやカップルや友達と二人乗りでツーリングなんてこともできるわけです。

5. 駅の駐輪場にとめることができる
意外に駅の公共の駐輪場って125cc以上って自転車や原付と一緒に駐輪することができないところが多いです。駅までの通勤に使うなら原付2種がオススメです。これって買ってから気付く事が多いポイントです。

6.任意保険にファミリーバイク特約を使うことができる
自動車保険に入っているならファミリーバイク特約に加入することができます。ではファミリーバイク特約って何がいいのでしょうか。

加入している自動車保険のプランが年齢制限があってもファミリーバイク特約と関係なく全年齢対象となります。

バイクが複数台あっても全てに保険適用がされ、対人補償・対物補償は、契約中の自動車保険と同内容にすることができます。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA