身近に役立つ情報満載の総合ポータルサイトです。

もしかしたら、自分は口臭があるのかもしれないと思ってはいても、人にはなかなか聞きにくいものです。しかし、知らず知らずのうちに自分の口臭のために、他人に嫌な思いをさせてしまっているのではないかと考えてしまう方もいらっしゃるでしょう。
食事の際に、臭いの強いニラやニンニクのようなものを摂取したというのならば、口臭の原因は明確なのですが、それ以外にも様々な原因により口臭になることがあります。長年口臭があったとしても、日常的にその臭いを自分自身が嗅いでいるため、臭いに慣れてしまい不快だと感じなくなってしまっている場合もあります。食事による口臭や、唾液が不足することによる口臭ならば、あまり心配はいりませんが、内臓疾患によっておこる口臭もあるため、ただの口の臭いのトラブルが原因でない場合もあります。そういった時は、自分自身に口臭があるのかをセルフチェックするのが、良い方法だと考えられます。
まず手軽に自分自身の口臭チェックをする方法は、自分の息を嗅ぐことです。自分自身の息を嗅ぐためには、ビニール袋に息を吐きその臭いを嗅ぐという方法や、マスクを着用した後にその臭いを嗅ぐというような方法で、ある程度、臭いがあるかどうかを判断することが可能です。
しかし、臭いに慣れてしまい嗅覚が鈍感になっている場合もありますので、そういった時には口臭チェッカーを利用するのが得策です。息を吹きかけることにより、呼気の臭いを数値で段階的に表示するので、ある程度正しい判断が可能です。また、近年自分自身の臭いに非常に敏感になり、臭いを発してはいないのに、自分の口臭や体臭は人に不快感を与えていると考えてしまう、自臭症の方が増加していると言われています。そういった方にとっても、口臭チェッカーのように数値で臭いを判断できるものを利用すれば、少しでも不安感を取り除くことが可能です。
人間どのような人でも多少の臭いはあるものですが、敏感になりすぎない程度にチェックすることは、周りの人のためだけではなく、自分自身のためにも必要なのかもしれません。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA