身近に役立つ情報満載の総合ポータルサイトです。

原付とは、原動機付自転車のことを言います。

これは、排気量によって区別されます。

まず、50cc以下の排気量の場合は、第一種原動機付自転車といい、50ccを超え125cc以下の排気量の場合を第二種原動機付自転車といいます。
この排気量の違いにより税金の額に違いが生じます。

また、原付は、車検不要ですので自賠責保険に入ることが義務付けられています。
ただ、これだけでは、補償が及ばない場合がありますので、任意保険について検討する必要性があります。

原付にも交通事故というのが勿論想定されます。
その際、保険に入っていなかったら過大な自己負担が生じてきて原付を有効に活用することができなくなるかもしれませんので、自動車保険同様、任意保険に加入するかどうかが重要になってきます。

手厚い補償があってこそ、安心して運転ができるものです。

原付の任意保険にもいろいろな種類のものがあります。
例えば、リスク細分型の保険や、自動車保険のファミリー特約といったもの等々です。

リスク細分型とは、被保険者のリスクの細分により保険料がきめ細かく定められている保険のことを言います。
例えば、車の走行距離やゴールド免許かどうかや被保険者の年齢等による細分化です。
それぞれの条件に対応する割引が設定されています。

また、ファミリーバイク特約とは、自動車保険に付帯する特約です。
これらは、保険料の負担が軽減されているという特色があります。
保険に加入するなら保険料が軽いほうが加入しやすいですよね。

また、原付事故の特徴としては、物損よりも運転者や同乗者のケガ等の場合が多いということがあります。

このような事故の特徴に応じて、自損型、人身傷害型という保険の区分があります。
自損型は、自らの過失で事故を生じた場合ですが、これは、搭乗者のケガには対応できません。
これに対して、人身傷害型であれば相手方に過失がある場合でも補償されますので、
ケガの治療費用が賄うことが可能になります。

ファミリーバイク特約は、自動車保険の付帯することのできる特約です。
つまり、自動車保険の補償が、原付にも及び家族であれば保証されるというお得な特約となっています。
しかも、前述のように保険料が割安になっていますのでその点もお得です。
また、年齢制限がなく、事故後の等級にも影響しないというメリットもあります。
しかも、台数に制限がありませんので自動車保険に加入している本人、家族であれば借りたバイクで事故を起こしても補償されるという優れものです。

ただ、デメリットがありました。それは、搭乗者に補償が及ばないということでした。
しかし前述した人身傷害型のファミリーバイク特約であれば、その点もカバーできるということです。
このような、人身傷害型のファミリーバイク特約が増えつつあるという現状です。
いざ、原付の任意保険に加入する段になった場合は、自動車保険に搭乗者傷害がついているかどうか、
そして、ファミリーバイク特約によってその点がカバーされる人身傷害型のファミリーバイク特約であるかを
確認することが重要になってきます。

リスク細分型は、自動車を持っていない場合に加入する際に効果はありますが、
自動車保険に加入している場合は、ファミリーバイク特約を付加したほうが、保険料はかなり割安になります。
具体的には、1万円未満の追加保険料によって原付の任意保険に加入することができるのです。

原付の任意保険を選ぶ際には、まず、原付のみを所有しているのかどうか。
自動車をも所有し自動車保険に加入しているかどうかにより、
リスク細分型かファミリーバイク特約を付けるかどうかを検討し、
自損型よりも、人身傷害型の方が補償される範囲が広いので、
その中でも保険料がお得なものを選ぶとよいでしょう。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA