身近に役立つ情報満載の総合ポータルサイトです。

250CCのオートバイに乗っている場合は、自賠責保険の他にも任意保険に加入しておくことをお勧めします。
gb250バイク写真2

自賠責保険のみの加入であると、万が一事故を起こした時に交渉は全て自分自身で行わなければなりません。事故の示談などの交渉はプロに任せた方が安心なのです。そのため是非任意保険にも加入しておきましょう。

そこで、今回は250CCの任意保険についてご紹介しますので参考にしてみてください。
まず、最初に250CCのオートバイを所有している場合の、年間の諸費用についてご紹介しておきます。

自動車税については年間で2400円かかります。

また、自賠責保険は必ず入らなくてはならない保険で、年間で9510円かかります。

これだけで、合計すると11910円となりますので、これ以上お金をかけて、任意保険はちょっとと考える人もいるかもしれません。

しかし、前述したようにもし事故を起こした場合は、相手と交渉をしなければなりませんので、相手が保険会社である場合は、素人が交渉すると、損をしてしまう可能性もあり、ちょっとした節約気分で任意保険に入らなかったために、大きな損失を出してしまう可能性がありますので、是非任意保険に加入しておくことをお勧めします。
さて、任意保険はどこで入れるのかというと、オートバイショップやバイク用品店などで入ることができます。

しかし、お勧めしたいのはインターネットからの加入です。

今であると、全保険会社がインターネット加入割引を行っています。

たとえば、「アクサダイレクト」の場合、ネット割引最大10000円となっていますのでかなりお得です。

インターネットにて任意保険に加入する場合、大手の保険会社であると「三井ダイレクト損保」と「アクサダイレクト」、「チューリッヒ」などが挙げられます。

保険会社によって価格もサービスも異なります。

排気量が250CCで、免許の色がゴールド、年間走行距離5000キロメートル、ABS無しの車体に乗っている場合で、対人賠償・対物賠償無制限、搭乗者傷害200万円の価格を比較すると

年齢を問わず補償の場合は、

三井ダイレクト損保が80410円、

アクサダイレクトが46980円、

チューリッヒが59400円となっています。

これらの保険会社の特徴としては、全ての会社がインターネット割引が適用となり、休日事故対応、レッカーサービスが付いています。

チューリッヒだけが、ゴールド免許割引と走行距離割引のサービスがあります。

この条件であるとアクサダイレクトが一番安い保険会社となります。
しかし、年齢制限により各社の価格は変わってきます。

たとえば、30歳以上補償のプラントとなると、三井ダイレクト損保は25930円、アクサダイレクトは18940円、チューリッヒは12930円となり、チューリッヒが一番安い結果となります。

比較対象になるのは価格だけではありません。

ロードサービスの内容やその他の特典についても考慮することが大切です。

三井ダイレクト損保のロードサービスは、ロードサービスの最寄り指定工場までは無料、それ以外の工場に搬入する場合は30Kmまでの制限があります。

一方、アクサダイレクトは初年度はレッカー移動が50Kmまでと制限されています。

チューリッヒの場合は指定工場以外への搬送も100Kmまでは運んでくれます。

また、アクサダイレクトとチューリッヒについては、ガス欠時に10リットルまでの燃料を無料で入れてくれるというサービスがあります。

万が一の事故の時の交渉に弁護士が介入してくれる弁護士費用特約については、三井ダイレクト損保のみが付いていて、他の2社はオプション扱いとなっています。

その他、旅先でバイクが動かなくなってしまった時の宿泊費の負担の有無などが会社により異なります。

自分のバイクの使用用途により適した保険会社選びが重要です。

安いだけでは無くロードサービスなどの内容を吟味して自分に合ったバイク保険を見つけてみてください。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA