身近に役立つ情報満載の総合ポータルサイトです。

バイクに乗りたい、と思っている方は数多くいると思いますが、実際に乗るとなると事故が心配ということもあります。

gb250バイク写真

そのため、いざというときに備えてバイク保険に加入をする人がほとんどですが、今までバイクに乗ったことのない方は、どのような保険があってどのようなサービスが受けられるのかもよくわからないのではないでしょうか。

また、お値段の相場もわからないので、ついつい無駄に保険料を払ってしまうということも少なくありません。

そこで、数多くあるバイク保険を徹底比較し、どこが安いのかということにフォーカスして、バイク保険を紹介していきます。

バイク保険の中でもトップクラスで安いのは、チューリッヒとアクサダイレクトです。

わずかな差でアクサダイレクトが安いのですが、数百円程度ですのでほぼ変わらないです。

ここで、注意していただきたいのは、この二つの保険にただ加入するだけでは割引特典はついてこないということです。

どうすれば割引特典が受けられるのかといいますと、インターネットからの申し込みをすればいいだけです。

インターネットというと、難しそうなどといった抵抗を持つ方もいるとは思いますが、確実にインターネットを利用したほうがいいです。

なぜならその割引率が非常に高いからです。

今回紹介したアクサダイレクトならば年間保険料を見積もってもらったときに30000円以下であれば、2500円の割引が受けられます。

また、チューリッヒならば、新規の場合、年間保険料が10000円未満の場合に1000円、年間保険料が10000円以上20000円以下の場合は2000円、20000円以上の契約ならば3000円の割引が受けられます。

また、どちらも契約を継続する場合には一律で1000円の割引が受けられます。

このように、新規契約にならば割引率が高く適用されてお得に保険に加入することができます。

また、そのほかにも保険料はこの二つに比べて高くなりますが、有名な保険会社に三井ダイレクトという会社もあります。その会社もインターネット割引があります。こちらは、年間保険料にかかわらず3000円の割引を受けることができます。

保険料を安くするためには、どこのバイク保険が安いかを知ることも重要ですが、自身の走行距離を把握することが最も重要になります。

なぜかというと、走行距離が基準となって基本となる保険料が設定されるからです。

例えば、走行距離が100kmの人と1000kmの人を比較してみましょう。

単純に考えて、走行距離が1000kmの人は、100kmの10倍多く走行している、つまり10倍事故に遭いやすいと考えることができます。ですから、走行距離が長くなればなるほど保険料は高くなってくるのです。

しかし、走行距離と保険料の関係がよくわからないという人も多いはずです。そのようなときは、保険会社のサイトを利用してみましょう。

サイトに走行距離や、必要なオプション等を打ち込んで、大まかな保険料を割り出すことができます。サービスを付けるかつけないかでも大きく保険料が変わるので、必要なサービス、不要なサービスを考えて保険料を出し、他所と比較することが可能です。

サービスの有無により多少の変化はありますが、あったら安心なサービスをすべて含めて考えた結果、アクサダイレクトが安くなるという結論ですので、バイク保険でお悩みの方は、一度アクサダイレクトのサイトを訪問し、大まかな見積もりをしてみましょう。

その際にも走行距離が必要になりますので、事前に調べたうえで査定に臨んでいただければ、よりスムーズに査定ができます。バイクライフを楽しいものにするために、安くて安心なバイク保険にぜひ加入しましょう。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA